私もそろそろ、近い将来に結婚して子どもが生まれて、
家族単位で手軽にマイカーで行動することを念頭にして人生設計を立てたいという思いが湧いてきました。

そこでまず考えたのが自動車の購入でした。

私が住んでいる地方都市では自動車なしでの生活は考えられないので、
まさに必需品とも言える存在です。

とはいえ、手持ちの現金や貯金で買えるほど余裕があるわけでもなく、
やはりここはマイカーローンを活用して手軽に融資を受ける方法を模索することに。

銀行や消費者金融などをチェックした結果、
最も早く結果が分かりそうな消費者金融での融資申請を試みることにしました。

何か分からないことがあっても困るので、私は消費者金融まで直接出向き、
店舗窓口にて申請することに。

マイカーローンの申請内容は、

  • 氏名、
  • 年齢、
  • 職業、
  • 勤務先、
  • 雇用形態、
  • 勤続年数、
  • 年収

などなどでした。

そして現時点で他社からの借り入れなどがないかどうかも聞かれました。

こうした個人情報を提示した上で、
200万円の融資をお願いしました。

となると消費者金融側の入念な審査が開始されます。

私の場合、始めから収入がある程度の基準に達していたので安心していたのですが、
結局のところ、午前中に申請した案件の結果が午後には届き、
その答えは「融資可能」とのことでした。

私は思わずガッツポーズしながら、正式な本契約へと移行。

こうして手にした金額のおかげでその時ずっと目をつけていた自動車を無事手に入れることができました。


参考情報:

http://www.mycarloan-navi.net/

ルノーの中核車種であり、大ヒットのサンクの後継車種に当たるのが、日本名のルーテシアです。
本国フランスではクリオという名前で販売されていますが、ホンダの販売店の名称でもあるため使えなかったのです。


PR:月々の自動車保険料の支払いを安くしたいなら、こちらをご覧ください。


ルノーの中核車種ルーテシアの名はクリオ


ルノーといえば、大ヒット作になったサンクがあります。
日本でもかなりの数を見ることができた車で、ルノーの代名詞ともいえたでしょう。
先進的なデザインの車で、今から40年も昔の車ではありますが、今でも通用するようなデザインで人気になったのです。
特に樹脂バンパーの出来は素晴らしく、当時は前後に配置するどころか樹脂バンパーすら存在しない時代で、初めて装着したといわれているのです。

このサンクの後継車種に当たるのが、ルノールーテシアになるのです。
ルノーの本国ではクリオという名前で生産販売されています。
この名称に関しては、ホンダの販売店の名前にクリオがあるため使うことができず、ルーテシアという名称で販売するようになった経緯があります。
サンクの後継車としては、1991年にヨーロッパカーオブザイヤーを獲得するなど、ルノーの車として高い評価を受けるとともに、日本にも輸入されてきたのですが、そこまでの成果を残すことができなかったのです。

ルーテシアは、クリオIIIから日本に輸入されるようになって名づけられました。
価格も手に届くレベルに抑えられたことにより、浸透することができたといえるでしょう。
現在の4代目となり、美しく大胆なボディ形状を与えられ、イメージも一新したといえるでしょう。
スポーツバージョンであるスポールとともに、これから数多くの車を見かけるようになっていくはずなのです。
【質問】
新車を購入することになり、前の車を処分するのですが、
下取りではなく、中古車買取業者のガリバーで買取してもらおうと思っています。

このサイト

しかし、全くの初めてで少々不安です。
業者に確認しておいた方がいいこと、注意点などありませんでしょうか?
何かトラブルなどになりはしないかと心配してしまいます。
ガリバーに決めたのは、掛け合った中で一番値段がよかったからです。


【回答1】
注意点は、
名義変更を速やかにしてもらうことです。
する前に事故にあえば大変ですから。
車検証をコピーしたものを送ってもらってください。
それから、見積もりの時は書面をつくりましたか?
〇日までに売って〇円、という記載がない場合、値段は日を追うごとに下がることもあります。


【回答2】

トラブルでよくあるのは、
引き渡した後で、
修理した跡が見つかったなどなど
いろいろなことを言われて減額されてしまうことでしょうか。
で、こちらが嫌なら、車は返す
という感じですね。
代金を手にするまではうかうかできません。
が、もらってしまえば安心です。
名義変更も終わらせてですけど。
カローラといえば大衆車であり、セダンであるというイメージがあります。しかし、アクシオに限っては、単なる量産車ではなく、上質な内装を持ち使い勝手もいい車になってきているのです。


カローラセダンはスタンダードだけじゃない

最近はミニバンに押され、見かける機会が少なくなってしまいましたが、日本車の基本といえるのはやはりセダンでしょう。
特にトヨタのカローラといえば、日本車の基礎とも呼べる車であり、そのボディ形状はセダンが一番似合うともいえます。

カローラはトヨタの中で、最も息が長く販売されている車になります。
多くの派生型を生み出してきている中、スタンダードなモデルも販売し続けています。
その代表格がアクシオです。
ヴィッツのプラットフォームを使い、コンパクトで使いやすい車に仕上がっているのが特徴です。
ここ数年の日本車の流れは大型化だったわけですが、その流れを見直し本当に必要なサイズに車をまとめたうえ、高級感も損なわないように作られています。
カローラというと、どうしても大衆的なイメージがありますが、アクシオに関してはかなり上質な内装を持っているのです。
さらには、ハイブリッド仕様まで投入されているのですから、単純に量産化された大衆車ではなくなってきているのです。

このハイブリッドは、カローラ初であるということだけではなく、トヨタでは初代プリウス以来、2番目のセダンのハイブリッドに当たります。
ボディ形状から、なかなかハイブリッドにしにくいわけですが、カローラの性能を損なうことなくまとまっているのは、さすがトヨタというべきでしょう。


こういった高級なカローラを売りに出す前にこれは見ておくべき
ビッグモーターの本社の隣のエリアになる福岡では、8店舗あり7店舗は買取販売を行っています。
展示車両10,000台という大型展示場を持つ西福岡店まであり、強力にサポートしてくれるのです。


【ビッグモーターの福岡エリアはどこも大きな展示場付】


ビッグモーターといえば、関西圏に強い中古車買取販売店として有名です。
前身である兼重オートセンターは、山口県で個人創業したところから始まります。
今でも本社が山口県にあるのはその名残でもあるのです。
そして、傘下のハナテンは大阪府に本社を置く中古車買取店ですから、ビッグモーターが関西に強いということもわかるでしょう。

そのビッグモーターの中でも、福岡にある西福岡店は、展示車両10,000台という、業界屈指の大型展示場を持っていることで知られています。
一般的な中古車販売店が1000台もあれば、大きいほうと呼ばれる中で、この数は驚くほどの数字になることがわかるでしょう。
その中には、登録済未使用車が3000台も含まれているのですから、創刊というより圧巻です。
ビッグモーターらしく、整備交渉もあり、国交省九州運輸局指定を受けています。
車検は当然のこと板金塗装までできる設備を持っているのです。

福岡のビッグモーターは、全部で8店舗ありますが、野間大池店だけが買取専門店で販売は行っていません。
中古車を探すとすれば、他の7店舗で探すことにはなりますが、福岡のどの店舗にいても他の在庫を調べることができますので、まず近くの店舗を訪れてみることが大切でしょう。

ビッグモーターで査定するなら、売却額を比較




成熟しきったということができる自動車市場におきましては、
国内での中古車の流通状況を思い描けば、
自動車を下取りに出す場合の査定は、
大切なものである事は理解できることと思われます。


中古車を下取りに出した際の価格、または買取価格しだいでは、
以降の車購入の計画すらもかなり違ってくるのですから、
大きな問題であることは誰でも相違ありません。

車自体に関する値引きが限界のようだったら、
そのあとは新車のオ付属品に関しての値引きのために交渉を実行しましょう。

付属品だけだとしても20%ほどの値引きが出せます。

初めに二つ以上の中古車買取り業者にて査定を依頼し、
愛車における買取り相場はいくらなのか認知して、
下取りの価格と照らし合わせてちょっとでも高額で買い取りするというほうに売るようにするということです。

高額な新車値引きを引っ張り出す条件としては、
自分が欲しいと思う新車におけるライバルメーカーでの車種の新車の値引きに関することなどを、
ひとまず知っておくことをお勧めします。

残価設定型のクレジットと言うのは、
一般的なクレジット、ローンと同じものではなく、
一番に3年~5年先の買い取りの補償額について定めます。

これについてが世間でいう残価なのです。

営業の人が限界と言った段階から、
あと二回ほど値下げがございますから、
そのところまで粘りとおしましょう。

この方法が効果の高い新車購入に関する値引き交渉スキルでございます。

よいのはやはりキャッシュで一括購入することなのでしょうが、
数十万、数百万にもなる大金などいっぺんで準備万端そろえるのは、
すごくハードルが高いです。

車を買うときにはカーローンを使う人が多数と言えるのではないですか。

自動車ローンを使用するのなら、目安で3ヶ月~6ヶ月の生活費、
半年~一年間の予定経費は残すようにして、
そのほかは覚悟を決めてローンの頭金に充当させたいものです。

カーローンに限定せず仲介者の存在によりそこに手数料が加算されるのが現実です。

借り入れをするのは信販会社からでも事実上は
ディーラーが取る手数料と言うものが足された金利も返済する結果に。

確実に値引き交渉をしないと、意味のある交渉にはなっていきません。
新車を買うときは、思い切り値引きに関する交渉をするべきです。

繰り返しますが、なんといっても交渉なのですからね!?


買おうとしていた自動車の購入総額と言うのが年収の1/3を超えている場合、
あなたの年収というのがどれくらいであろうと、
何にせよ即刻カーローンにおける大切な審査を通過することはできません。

審査とか金利などでカーローンごとに長所・短所をそれぞれ持っていて、
選択の際にほんのちょっと手をかければ意外と差が付くことに。

最もお得な借り入れ方法というものを探り当ててください。

下取り或いは自動車買取によって愛車が中古車として流通するに当たって、
一物一価の原則により様態が異なれば、
ありえないほど買い取り額に違いが出る事実を理解しておかなければならないのです。


近頃注目されている残価設定型のクレジットについては、
「毎月返済の負担を減らしつつ新車に乗れる」という事のほかに、
「すぐに車を買い替えやすい」といったことがいえます。